【PR】素人ナンパ専門エロ動画

無料エロ動画 更新情報




コンパニオンの女子大生宅に上がり込み生ハメした話

この話はナチが実際に体験したエロ話です。

結構前の話になりますが、コンパニオンの送迎という仕事がありました。ちょっと面白そうだったので応募してみることに。

履歴書を書き、いざ面接へ。

結果は合格で、次の日からその会社で雇われているコンパニオンの女の子たちをそれぞれの店へ送り、仕事が終われば家まで送るという楽しすぎる仕事が始まりました。

女の子との連絡は携帯で取り合うのですが、会社から支給されるわけではなく、自分の携帯を使います。

あっという間にコンパニオンの連絡先を100件以上手に入れました。もちろん女の子の連絡先も個人の携帯です。

送迎中はとにかくテンション上げまくり、女の子たちを笑わせてました。

こんな感じの運転手は初めてだったようで、女の子たちからは絶大な人気を誇りました。

コンパニオンの子はほとんどが女子大生。
送迎とは関係なくプライベートで電話やメールをする子も数人出来ました。

その中の一人、女子大生のKちゃん。
ある日の送迎でKちゃんと二人きり。
この日も車の中で会話は盛り上がり店の手前まで来た時、何気なく

『今日は送迎終わったら暇やからKちゃん家行こうかなぁ?』

Kちゃんはマンションに一人暮らし。いつも送っていたのでリサーチ済み。

『え?マジで?何時に送迎終わるん?』

『ん〜、1時くらいかなぁ?起きてる?』

そう言うと、Kちゃんは

『その時間なら家で飲んでると思うから、終わったら来てよ〜』

そんなやりとりをし、店に入っていくKちゃん。
そして、最後の女の子を家に送りKちゃんの住むマンションに。
電話をかけオートロックを外してもらい中へ。

玄関を開けたKちゃんはすでにほろ酔い状態だ。
上がり込むと、テーブルの上には飲み干したお酒の缶が数本。

『ほんとに来てくれたんやぁ〜。冗談かと思ったぁ〜』

と、笑顔でソファに倒れこむ。酔っているせいか、かなり大胆に脚を広げパンツ丸見えだ。

『てか、パンツ丸見えだけど…』

ツッコミを入れると、

『別にいいじゃん〜。送迎の時、結構みんな見えてるし〜』

確かに…ミニスカは当たり前なんで、パンチラは日常茶飯事だ。

それにしても股開きすぎ…。
そこでナチは、人生初の女性に対して電気アンマ攻撃をしたんだ!

男同士なら小学生の頃よくしたっけ。
女の子にしたらどうなるんだろうと好奇心もあったんだ。

『や、あ…あ…』

完全に急所を捉えてしまったらしく、いやらしい声を出すKちゃん。

ある程度刺激して止めて放置してみた。
するとKちゃんは、ナチの腕にすり寄って来て

『なにこの中途半端なやつぅ〜』

お酒の力もあるのかKちゃんに押し倒され、そのままセックスに。

すでに乱れていた部屋着のボタンを外して思いっきり抱きしめる。
Kちゃんもナチにしがみつきベロチュー。

Kちゃんはスレンダーで貧乳。しかし、綺麗なおっぱいだ。
揉むほどはないんで、乳首を甘噛みで愛撫する。

『ナチ君、私、フェラ苦手やからしなくてもいい?その代わり…』

そう言うと、両手でチンポを握り手コキご奉仕。
一生懸命手コキをするKちゃんに

『ちょっとだけ口でしてくれん?』

無理なお願いだと思ったが、一応聞いてみると。
困った顔をしながらも

『ほんと、ちょっとだけだよ…』

すっごく嫌そうな顔をしながら、数秒だけ舐めてくれた。この嫌そうな顔がまた堪らない。

『もういいよね…ほんとゴメンね…』

そう言うKちゃんの頭を撫でながら、騎乗位で挿入。

『ナチ君、ゴ…ムつけ…あ…ぁぁぁ』

『え?なに?』

Kちゃんが喋れないくらいに騎乗位で下から激しく突き上げる。クソエロいパンパン音とKちゃんの吐息がこだまする。

『あ…ダメ…んんん…』

そしてバックへと体制を変え更にKちゃんを突きまくる。

もうゴムなんて気にしてないのか、完全に突き放題だ。
最後は正常位で根っこまでぶち込み高速ピストン。

『どこでイけばいい?』
その答えは…
『中で出して。。。』

本気か?と思ったが、ドップリとKちゃんの膣内で精液大量放出!

この後、Kちゃんはコンパニオンを辞めたけどこの関係は半年ほど続いた。